チャンピックスでどれくらいの人が禁煙できるのか?

保険治療で行うことができる禁煙治療が世の中に登場したことによって、多くの人が着目して試してみたいと思うようになってきました。禁煙外来に行くことによって受けられる保険治療ではチャンピックスと呼ばれる治療薬が用いられるのに特徴があります。12週間をかけてチャンピックスの服用を続けることによって禁煙を達成するのがこの保険治療の特徴であり、その期間の長さを考えるとどれくらいの人が禁煙できるのかということは大きな焦点が置かれることでしょう。チャンピックスによる治療では最初の一週間を除いて常に禁煙をすることが求められているというのも治療方法の特徴です。その禁煙に成功したというのをどのような尺度で考えるかにもよりますが、二つの見方をしてみるとその効果を理解することができるでしょう。1つは最後の4週間にあたる8週目から12週目に一本も煙草を吸わずに過ごせたかという考え方で、それが達成できればその後も喫煙せずにすむだろうという見方があります。こういった見方をした場合には78.5%が禁煙に成功したというデータがあり、実に四分の三以上の人が成功しているということになります。また、母集団は違いますが、12週間の保険治療を行った後、9ヶ月間に渡って煙草を吸わずに生活できたということを追跡した調査もあります。これによると49.1%の人が禁煙に成功しているとされ、半数近い人が成功するという驚異的な値を示しています。こういった形で、治療を受ければ高い確率で禁煙に成功することができるのがチャンピックスです。禁煙したいと思ったらまずは禁煙外来に行ってチャンピックスの使用を考えてみると高い成功率を得ることができるでしょう。