チャンピックスはアメリカで鬱などの副作用が報告あり

禁煙補助薬として日本で有名な薬といえば、チャンピックスなので、病院で処方されて使用している方も少なくありません。
自力での禁煙はかなり難しいですが、チャンピックスの助けを借りれば、次第にタバコを必要としない体になっていくので、試してみるようにしましょう。
ただしチャンピックスには、めまいや頭痛、吐き気といったさまざまな副作用があるので、注意して飲むようにしてください。
人によってはかなり重い症状があらわれるので、そんな場合はただちに使用を中止し、医師の診察を受けるようにしたいですね。
チャンピックスはアメリカでも多くの利用者が存在していますが、鬱などの副作用が報告されているので、使用するときは、そういうことも起こりうるということを知っておかなければなりません。
アメリカのFDA調べによると、重篤副作用件数ワースト1位になったこともあるほどで、意識喪失が起こったり、攻撃的になったり、自殺を起こす方もあるので、気を付ける必要があります。
禁煙治療を始めると、タバコを吸えないストレスから、鬱のような症状になる人が少なからずいますが、体が慣れていくと、次第に落ち着いていくので心配することはありません。
しかし落ち着くどころか、自殺までも考えるようになると危険なので、そんなときは早めに医師に相談して、これ以上薬を飲み続けても平気かどうか、相談するようにしましょう。
鬱の副作用があらわれたときも注意しなければなりませんが、それよりも怖いのが意識喪失になります。
車や電車を運転中の人が、突然意識を失ったりすると、大惨事が起こる可能性があるので、チャンピックスを服用するたびに具合が悪くなる人は、安全のことを考え、乗り物には乗らないようにしましょう。