禁煙外来のチャンピックスと47日目、通販でも購入

最近は煙草の値段が高くなっている事や煙草を吸うことが出来る場所が少ないなどの理由から禁煙をする人も多くなっています。
禁煙をするけれども失敗してしまう理由は、ニコチン依存が在るからで、煙草を止める事でニコチンが体内に入らなくなるとニコチン依存の症状でもある離脱症状が起きる事になり、それに耐える事で禁煙が成功すると言う事になります。

しかし、離脱症状に耐えられないと再び喫煙をすることになり、禁煙が出来ないと言う人も少なく在りません。

最近は病院の中に禁煙外来と言う診療科が新設されている事が在りますが、禁煙外来では専門医師による禁煙指導と禁煙補助剤のチャンピックスが処方されて禁煙治療を受ける事が出来るようになっています。

尚、禁煙治療は初回診察後2週間経過してから通院を行い、その後4週間後、8週間後、そして最終診察となる12週間後にそれぞれ通院を行って診察と処方を受ける事になります。
また、この間の治療費は保険治療が可能になるため、費用負担も少なくて済むと言うメリットが在ります。

尚、8週後の通院の時には最後のチャンピックスの処方が行われる事になり、47日目からは4週間分のチャンピックスを服用する事になりますが、この時期になると薬を服用しなくても禁煙が出来そうだと感じる人も多くなり、この時に止めてしまうケースも在りますが、チャンピックスは12週間の中で服用する事が大切であり、途中で止めてしまうと再び喫煙を始めてしまう恐れがあるので注意が必要です。

因みに、チャンピックスは通販サイトでも購入が可能ですが、通販サイトの場合は保険が適応しない事、そして医師による禁煙のアドバイスなどを受ける事が出来ないなどの禁煙外来との違いが在ります。