またたびと禁煙剤のチャンピックスと病院で禁煙治療

猫にまたたびを使うとよだれをたらして興奮状態になりますが、またたびはネコ科の動物に対して、性的な興奮を起こさせる媚薬と言う成分が含まれていると言います。

また、またたびは揮発性のマタタビラクトンと呼ばれる成分が含まれていて、猫の大脳を麻痺させる作用、眠気を引き起こす作用、運動中枢、脊髄などの反射機能を鈍らせるなどの作用が在ると言います。

尚、これらの作用は、麻薬と同じようなものであり、大量に使う事で猫が死に至るケースも在ると言われているため注意が必要です。

煙草を吸うと体内にニコチンが取り込まれて、僅か数秒で脳内に運ばれると言います。
ニコチン中毒と言う言葉を耳にしたことがある人は多いかと思われますが、ニコチンは脳内に運ばれた後、ニコチン受容体に結びついて、快感物質とも言われているドーパミンを分泌させる作用が在り、ドーパミンが分泌されることで喫煙をすることでの満足感などを味合う事が出来ると言う原理になります。

しかし、ニコチンが体内から減る事で煙草への欲求が高くなり、再び喫煙をすると言うのが煙草を止める事が出来ない原理でもあると言う事です。

煙草を止める事が出来ない人などが禁煙治療を受ける事で成功に導いてくれると言います。
禁煙治療と言うのは、病院の医師の協力を得て煙草を吸わない状態にしていくもので、チャンピックスと言う禁煙を補助してくれる医薬品を利用して治療を受けることになります。

チャンピックスにはニコチンなどの有害な物質が含まれていないのですが、含まれている成分の中には少量のドーパミンを分泌させる作用が在るため、ニコチンが体内に入らない状態でもニコチン切れによる離脱症状を抑える作用や、煙草を美味しいと感じさせない作用が期待出来ると言います。